028 お名前:  東 正樹(43) 投稿日: 2008年 10月 3日
   


観光都市高山を子孫へ
 10/3の長瀬旅館さん廃業の記事を見てとても心が痛みましたので投稿させて頂きます。上一之町では老舗酒造店の建物が取壊されさら地になり、今度は老舗旅館が廃業。高山の大切な物がどんどん失ってしまうようでとても心配です。観光都市高山にとって歴史的建造物とその町並みは欠かすことの出来ない物だと思います。それを守るには企業努力と地域の力と守ろうとする意識だと思います。観光がダメになったら高山も終わりです。最低でも今ある観光資源を守りつつ、100年あれば町並みは造れます。100年後高山中が古い町並みになるよう皆で意識して観光都市高山を子孫へ繋いで行きたいものです。

027 お名前:  匿名希望の女性(43) 投稿日: 2007年 10月 1日
   


活(い)きたバリアフリーを
 最近では様々な場所で、障がい者に配慮した設備が設けられつつあります。しかし、公共施設の駐車場でさえ自動発券・清算機が設置され、体勢を変えづらい者にとっては、ただでさえ容易ではない下車を毎回強いられています。障がい者スペースは駐車場外に設置することは出来ないでしょうか?
 また、大型店などの障がい者用駐車スペースも、一般の利用車が止まっていて、本当に必要とする者が利用できないことがあります。コーンなどが立ててある場合もあり、自分でよけなければなりません。
 せっかく設備が整えられていても、そこに想像力を通した心が通わなければ、有効に利用することは出来ません。
 自分の力で出来るだけ頑張ろうとしている障がい者には、そういった配慮が欠かせません。行政や店舗の方はもとより、一般の方もどうかご理解下さい。

026 お名前:  匿名希望の女性(53) 投稿日: 2007年 3月 9日
   


町内レベルでも禁煙の検討を
 名古屋のタクシーが5月から、禁煙になります。禁煙の場所がだんだん増えてきて、たばこを吸わない私にとって、うれしい限りです。
 しかし、高山の町内の寄り合いなどでは、まだまだ当たり前のように灰皿が出されます。これから、選挙がらみの会合も始まります。これだけ世の中で禁煙が訴えられているとき、町内会の役員や候補者の後援会の皆さん、町内レベルの禁煙も検討して頂きたいと思います。

025 お名前:  匿名希望の男性(43) 投稿日: 2007年 1月 13日
   


雪処理に対するモラルの低下
 道路に雪を放り出す人をよく見かけるようになりました。車に踏ませたりして溶かそうというのでしょう。しかし、夜間は氷点下になる1、2月では明け方にアイスバーンになって危険です。
 また、家の前の雪を道に積み上げたままのケースもよく見かけます。道が狭くなって危険です。少しずつでも側溝へ入れるなどすべきではないでしょうか。

024 お名前:  匿名希望の男性(47) 投稿日: 2006年 8月 3日
   


夏のイベントに配慮を
 高山市の夏の恒例イベントが毎日どこかで催され、夕涼みを楽しんでいる方も多いと思います。
 8月2日は、本町商店街の歩行者天国と花火大会が催されました。本町通りは車両通行止め、また、花火大会により弥生橋〜万人橋も通行止めでした。交通規制の標識は一切なく、突然警官の姿が見え、赤いライトで進行方向を指図するだけでした。
 イベントが重ならないように日程を決めるなり、もっと広範囲に警察・観光協会職員らを総動員して交通の案内を行なうなり、もっと配慮すべきではないでしょうか。

023 お名前:  匿名希望の男性(43) 投稿日: 2006年 7月 11日
   


学校のHPは更新が少ない
 最近の小中学校のホームページは、どこを開いても更新が少なすぎますね。部活の結果や学校の様子なんかも1〜2年前ってのが目立ちますね。情報社会って言葉は学校では死語なのでしょうか。トップ(校長:教頭)の人が率先しないとダメだと思います。担当者だけに「やれ」では、先に進まないと思います。そうでないことを祈ってますが・・。

022 お名前:  匿名希望の女性(36) 投稿日: 2006年 6月 29日
   


命を大切に
 迷い猫や捨て猫に関する記事を読むたびに胸が痛みます。猫は、早いケースだと生後6ヶ月ほどで「盛り」がつきます。だから生き物を飼うには避妊・去勢手術が必須だと思います。盛りのついた猫はもちろん外へ出たがりますし、異性を追いかけている内に自分の家が分からなくなります。子猫が生まれたから捨てる。もってのほかです。避妊・去勢を すべきです。
 動物に罪はありません。人間たちの勝手であきたからとか、引っ越すからとか、旅行が自由にできないからといって捨てる、または保健所へ。私は許せません。
 動物を通じた命の教育は必要だと思うのです。今は核家族化が進み、年寄りを思いやるという習慣や道徳が欠けてきて、世の中自体が合理主義、そして生活のために時間に追われる時代になりました。生活は便利になりましたが、心は貧しくなったように思います。

021 お名前:  匿名希望の女性(49) 投稿日: 2005年 6月  28日
   


慈光会費の徴収問題
 以前から私は町内会を通しての徴収には疑問を持っていました。会費を納めても詳しい収支報告がありません。それに町内会に入っている人だけが収める事も疑問です。これからはもっと違う方法での協力の仕方を考えたらどうでしょうか。
 それと、これも町内の班長さんの集金ですが、神社等の寄付もあります。このことも前者と似た事のような気がします。町内の仕事は寄付の集金をすることではないと思います。


020 お名前:  匿名希望の男性(41) 投稿日: 2004年 12月 14日
   


高山本線の復旧は?
 変な噂を耳にしました。JR東海は古川〜猪谷間を復旧せず廃線にする、と。鉄道少年だった私からすれば、絶対に復旧していただきたいと思います。なぜなら、今建設中の北陸新幹線が将来富山駅まで開業されます。その日が来た場合、関東からJRを利用しての観光客は2方向からのアクセスが可能となります。
 飛騨の観光としては輸送量2倍というのはメリット大だと思いませんか?はたまた北陸新幹線が大阪まで開通する日が来たとしたら、金沢・飛騨を巡って名古屋経由で帰ろうなんていう関西圏の観光客も見込めるのではないでしょうか?。
 もし復旧が不可能と言うのであれば、私の浅はかな考えですが、数河峠にトンネル1本掘って廃線云々言われている神岡鉄道に繋げ、新高山本線という手もあると思うのですが。
一日も早い復旧を願うばかりです。


019 お名前:  匿名希望の女性(26) 投稿日: 2004年 10月 27日
   


市議も災害現場へ出て
 台風23号のボランティアに参加するため、朝、高山市役所に行くと数人の市議を見かけました。ところが、私が夕方戻ってきた時も同じようにきれいな格好で本部にいました。市政を任されている方なんですから、是非現場に行って、被災者の声を聞いたり復旧作業に参加して欲しかったです。
 私には選挙活動にしか見えませんでした。本部でもボランティアの方のほうが忙しく働いているように見えました。ボランティアに参加した知人数人(本部担当も含めて)も怒っておりました。


018 お名前:  匿名希望の女性(31) 投稿日: 2004年 10月 24日
   


屋台曳きそろえは中止すべきだった
 23,24日の屋台引きそろえにはものすごく疑問、苛立(いらだ)ちを感じてます。台風の被害で、市内の各所で復旧工事や、ボランティアの方々に助けていただきながら片付けをしている中、たとえ、事前から予定していたとはいえ、なぜ中止しなかったのでしょう。
 観光客は「高山という町は、冷たい人間が住んでいる」という目で見ていると、私は思いました。高山市の活性化とはいえ、こんな大きな被害があった時くらい、自粛したらどうなのでしょうか。最近は、他人の心の痛みが分からない子が多いと聞きます。そんな環境を作っているのは、今のこうした大人たちが原因だと思います。
 こんなに被害が大きくなった理由は、大規模な建設のせいです。世界生活文化センター、ビッグアリーナ、冬頭町の道路整備、石浦のゴルフ場、清見の高速道路…すべて自然を壊した結果です。
  高山は災害がない地域だったのに、とても悲しいです。昔の高山に戻してください。近くの川にホタルがいたころのような、のんびりした高山が一番好きでした。


017 お名前:  匿名希望の男性(21) 投稿日: 2004年 9月 15日
   


観光案内の看板はシンプル表記に
 最近、観光客と思われるお年寄りに「屋台会館はどのように行けばいいですか」と聞かれます。その時このような指摘がありました。「観光案内の看板がたくさんあるのはいいのだが、4か国語もあって読みづらい」と。確かにお年寄りでなくても見にくいと思います。日本語と英語だけでいいのではないでしょうか。肝心の日本の観光客が不便と感じるようでは、いけないと思いますよ。
 また、上一之町や上二之町の違和感のある建物を排除した方が高山も活性化するのでは? 「上三之町だけじゃん」と、観光客が言っている結構な皮肉を聞くのは、はがゆいです。


016 お名前:  匿名希望の男性(41) 投稿日: 2004年 7月 28日
   


困る「売らんかな」
 高山の店が心配です。
 宮川端に煌々(こうこう)と輝く看板を出している店。大声で客引きをしたり、大音響のBGMを流す店。歩道を歩くと、頭に触るくらい斜めに立てかけたのぼりのある店。
 「売らんかな」という姿勢の現われかと思いますが、観光客はこんな景色・雰囲気を望んでいるのでしょうか。私には、都会の下町の商店街のイメージにしか映りません。


015 お名前:  匿名希望の女性(36) 投稿日: 2004年 5月 8日
   


考えてほしい煥章館の駐車場
  新しくなった図書館へ、家族で心ウキウキでかけました。従来から図書館は頻繁に利用していましたので、オープンをとても楽しみにしていました。
 建物は確かに、とてもデザインが良くきれいでした。しかし、私たち市民が利用しやすいものなのでしょうか?とても疑問に思いました。
 図書館に行きたいと思うと、交通手段は自家用車になります。ところが駐車場は、観光地のため休日になると常に満車状態です。やっと入れても2時間のみ無料で、あとは有料です。親子4人で本を選んでいると、あっと言う間に2時間は過ぎてしまいます。
 夏休みなどに県立図書館を利用しますが、駐車料金は無料でした。このことから考えても、稼働率を上げるためには、何か良い方法を考える必要があると思います。
 また、このことについて、職員の方と話したところ、とても心無い回答でした。もう少し職員の方も勉強されてはいかがでしょうか?


014 お名前:  坂本信行(50) 投稿日: 2003年 4月 5日
   


「乱暴運転」はバスに限らない
 バスのアルバイト運転手の是非が掲載されていましたが、これは規制緩和の弊害であり、バス会社に限ったことではない。
 規制緩和とは本来、規制に守られて法外な料金を設定するなど、やりたい放題だった大企業等に対し、誰もが自由に業界に参入し適正な競争をさせ、サービス等を向上させるのが目的である。事実、電話料金など、規制緩和の成功例はたくさんある。
 しかし、規制が緩和されたのを良いことに、理念も何もない者が思いつきで参入し、値下げ競争のみに走り純益が激減した。そのため、責任感のないアルバイトを教育することもなく使って人件費を削減するということになり、結果サービスの低下を招くということになったのである。 全国的にみても、正社員が減りパート、嘱託契約等の社員が増えているのが現実である。
 しかし、人命や社会生活の基盤にかかわる業界については、正社員として一定の身分と報酬を保証したうえで、徹底した教育を行うなど、職業に誇りを持った社員を育成することのできる業者に限るなど、多少の規制は必要なのではないか。


013 お名前:  匿名希望の女性(48) 投稿日: 2003年 3月 29日
   


皆が「乱暴運転」だとは限りません
 バスのアルバイト運転手の運転が乱暴だなどという投稿があった。しかし、私の経験では違います。
 私の高校生の娘も、部活でバスをよく利用します。その会社も正規の運転手さんのほかに契約、アルバイトなどいろいろな人がいるということです。しかし、批判されているような運転が乱暴とか無愛想というようなことはなく、むしろ試合を控えた娘たちをリラックスさせようとしてくれるなど、 子供たちとも気軽に接し、運転も丁寧で、子供たちからは「バスのおじさん」と親しまれているそうです。
 このように、正社員かアルバイトかということは関係なく、本人の人間性、会社の社員教育の問題だと思います。ただし、投稿にあるように本業とアルバイトを合わせて数か月間休日無しで働くということには問題があります。


012 お名前:  匿名希望の男性(52) 投稿日: 2003年 3月 26日
   


バスは利益より安全第一に
 ここ3か月間で視察、慰安旅行などに3回バス旅行をしましたが、すべてアルバイト運転手でした。また、レンタカー(いわゆる白バス)の時もありました。運転は乱暴で無愛想な人ばかりでした。
 1度は、顔見知りのトラックの運転手だったので、大変驚きました。この人の話では、平日は普通にトラックに乗務し、休日にバスのアルバイトをしているので、ほとんど休み無しで働いているということでした。
 私の子供も、学校の行事などでよくバスを利用するので不安でなりません。この不景気な世の中、経費削減という気持ちはわからないではないですが、多くの人命を預かるバスというのは、利益より安全が第一のはずです。どうか、利用者の立場に立って今一度考えてみてください。
 また、この件を陸運局に問い合わせたところ、今の時代は個人の責任において利用する会社を選ぶ時代だと言われました。これで済ませてよい問題なのでしょうか。


011 お名前:  長倉 大(38) 投稿日: 2003年 3月 25日
   


日赤の全面禁煙を再考して
 4月より高山日赤病院の「敷地内」が全面禁煙となる。しかし、これは以下の2つの点を考えると、行き過ぎた措置であると思う。
 まず、そもそも病気やケガで入院することは大きなストレスがかかるもの。入院患者にとっては、たばこを吸って他の患者仲間と語らうことが楽しみや気晴らしになったり、勇気付けられたりするのだ。
 また、「敷地内禁煙」とすることにより、敷地外の道路などで喫煙する患者などが必ず出てくるであろう。こちらのほうがより危険ではないだろうか。喫煙それ自体は健康によくないことかもしれないが、それは時と場合による。屋外での喫煙コーナーを設けていただくよう、再考をお願いしたい。


010 お名前:  匿名希望の女性(39) 投稿日: 2003年 2月 27日
   


少子化対策に美辞麗句が並ぶが
 岡本保育園移転新築工事について 3月3日の新園舎始動にむけ急ピッチで準備中。しかし、まだ園児が通っている現園舎の解体準備も同時に進行しており、園庭には多数の重機が入り、外に出ることも出来ない。
 広場は使用不可、保育室も作業員の休憩所などになり園児は、通常20名程度の部屋に40名弱がすし詰め状態。体調を崩すのも当然の劣悪な環境である。
 新園舎に移っても3月一杯は園庭工事で又もや外は無理。こちらも重機が入るそう。これでは緊急避難も疑問であり、引っ越しと合わせ疲労困憊(こんぱい)している現場職員に責任を問うのは無理がある。子供の安全を最優先すべき施設でなぜこのような事が起きるのか。たったひと月、数週間猶予を持てないのか。
 新園舎に併設される、子育て支援センターには駐車場も無く、就園前の子供を連れた母親の利用状況を把握していない。市側の説明会にも具体案は無く、関係諸機関はどこを向いてこのような計画を立てているのか理解に苦しむ。
 保育園は保育に欠ける家庭に必要不可欠の重要施設。少子化対策に美辞麗句が並ぶが、実際はこの様な環境で「あと少し」と我慢しているのが高山市の情けない現実である。


009 お名前:  川上准一(30) 投稿日: 2003年 1月 29日
   


本当の行政サービスは意識改革から
 昨年の暮れのこと、萩原町役場から私の勤務する高山国道総務課に電話がかかってきました。私が対応したのですが、その時のやりとりは次のような様子でした。
 当方「高山国道 総務課です。」
 役場「萩原町役場です。しばらくお待ちください。」
   (しばらく音楽が流れる)
 役場「ああ、もしもし萩原町長だけどね、管理課長いる?」
 どういうことなのでしょうか。向こうからかけてきて一方的に待たせるというのは。それと、町長は職員に電話をかけてもらわないと自分でかけられないのでしょうか。他の市町村長からは直接電話がかかってきます。
 萩原町役場にメールしましたが、何も回答がありませんので、こちらに投稿しました。ささいなことかもしれませんが、そういう意識から改革しなくては、本当の意味での行政サービスは実現しないと思います。


008 お名前:  匿名希望の男性(47) 投稿日: 2002年 11月 22日
   


屋台を客寄せパンダにしないで
 祭り以外の屋台の曳き出しが可か不可か、色々意見はあると思いますが、私は屋台組の1人として数十年間屋台の「ある所」を中心に見てきました。機械いじりが好きでして、屋台の構造に特に興味を惹かれます。
 最近気になる事があります。それは屋台の車輪と車軸との遊びが著しく大きくなってきた事です。いまの道路は昔と違って砂利道ではありません。カーブでは昔のように砂利がコロの役割をしてくれません。アスファルトと車輪はグリップが良すぎてなかなか曲がってくれません。そこで、どうしても無理に曲げる事になります。結局車輪と車軸の遊びの部分に力が集中してしまいます。
 その結果、遊びがだんだん大きくなってきます。これがもっと大きくなって「屋台の転倒」なんて事にならなければ良いけれど…などと思いながら曳(ひ)いています。ですからあまり屋台を客寄せパンダにしてもらいたくありません。
 景気が悪いから屋台で客を呼ぶなんて、人のふんどしで相撲をとる事と同じではありませんか!客を呼ぶ企画は別にあるはずです。この先も安易に屋台を観光客集めのダシ(屋台ではないダシ)にして欲しくありません。
 それと屋根には年々ヒビが増えてきています。日差しの強い時期に出すと、特にピシッ、ピシッと塗りにヒビが入ります。これを補修するには莫大な費用がかかります。いくら国から補助が出るといっても屋台組の負担金は大きなものです。屋台で人を集め、来た観光客によって潤うのは観光産業にかかわる人たちに偏っていると思います。
 高山、いや国の財産である屋台をできる限り後世に残せるようにするのが、私たちの役目だと思います。出せば出すほど屋台の傷みは増えます。年1回が妥当と思います。屋台のきしみ音が私には泣き声に聞こえます!!


007 お名前:  匿名希望の男性(41) 投稿日: 2002年 8月 2日
   


猫をいじめないで!
 7月31日の明け方近く,うちの猫が24時間ぶりに帰ってきました。最期の力を振りしぼって。首輪を取られ,首の周りはえぐったように毛が抜け、体のあちこちにキズが。 病院の診断ではかなりの重症で40度の高熱、頭部のむくみ、舌の内出血、血液検査では肝臓に極端に異常な数値が出るほどでした。
 治療の甲斐もなくその夜、家族の前で息をひきとりました。まだ1才3ヵ月でした.ケガの状態から見て事故だとは考えられません.毒を飲まされたのかもしれません。首を締められたのかもしれません。この猛暑の中、1日中外で苦しんでいたと思うと、涙があふれてきます。
 猫がそれ程の仕打ちを受けるような事をしたのでしょうか。悲しくてやり切れません。


006 お名前:  匿名希望の女性(38) 投稿日: 2002年 5月 23日
   


ごみの分別を習慣にしよう
 私の周りにも分別が面倒だという方がいらっしゃいます。しかし、これは初めだけ。慣れてしまえば自然に分けて捨てられるようになります。考えてみてください。スーパーで魚や冷凍食品、ジャガイモなどを買ったとします。帰宅してから、面倒だからって全部一緒くたにして冷蔵庫にしまいますか。
 これと同じことではないでしょうか。皆さん、頑張って分別を習慣にしてしまいましょう。お年寄りにはきついかもしれませんが、頭の体操だと思って頑張ってください。
 一方、店は率先してゴミの減量に取り組むべきです。消費者は店の体質を見ていますよ。


005 お名前:  匿名希望の主婦(40代) 投稿日: 2002年 5月 12日
   


ごみ問題を考える良い機会
 私の町内は分別収集のモデル地区になっていて、去年から不燃物ボックスが撤去され、不燃ごみもプラスチック製容器包装も透明袋に入れて出しています。戸惑い、迷いながらもなんとかやってきました。
 その経験から、プラスチック製容器包装が多くて、しかもかさばることに問題を感じています。すぐに透明袋がポンポンになってしまいます。そこで、業者さん、スーパーさんにお願いがあります。野菜、果物はなるべくそのままで、肉や魚などはビニール袋に入れ、菓子類のプラ包装もできるだけ簡素化して売ってくださると、大変有り難いのですが。
 大きなスーパーではトレーの回収もしてくださいますが、そのトレーもできるだけ使用しないで頂きたい。トレー、プラ容器を洗うために洗剤を使用し、川を汚したくないからです。大手スーパーさんは一緒になってトレー、プラ容器を減らすことを話し合ってもらえないでしょうか。
 また
、比較的洗いやすい錠剤の瓶、飲み物のペットボトルは業者で再洗浄し、そのままの形で再利用できないものかと思います。
 私たち消費者も、便利さについつい甘えてきた結果のつけが回ってきたことを反省し、環境を守るべく真剣にごみ問題に取り組む必要があります。6月から始まるプラスチック製容器包装の分別収集は、ごみ問題に真剣に取り組む良い機会だと思います。


004 お名前: 長倉 大(36) 投稿日: 2001年 10月 14日
   


やめませんか「ドラマ宣伝のぼり」
 最近,朝の連続テレビ小説「さくら」の緑色の幟(のぼり)が駅前や市役所に一斉に立てられました。NHK大河ドラマや連続テレビ小説となると,ご当地ではその宣伝幟が乱立するのが通例です。
 高山でも例に漏れなかったわけですが,その地を訪れる度,景観をたいへん損ねているといつも感じます。旅の駅に降り立った時の期待感が、安っぽい幟でしぼんでしまいます。
テレビドラマの舞台になること自体は大変喜ばしいことです。しかし,果たしてこれが最適な宣伝戦略と言えるでしょうか。また、景観に配慮した手法でしょうか。 歴史の街・飛騨高山には、もっとふさわしい宣伝方法があるような気がします。


003 お名前: 匿名希望(44) 投稿日: 2001年 10月 5日
   


学校の傲慢さを感じる
 私は日枝中のグラウンド前に住んでいます。最近、学校の周りには「ランニングコースにつき犬の糞尿、放尿禁止」「この通路 犬の散歩禁止」などの札が、あちこちに張ってあります。きちんと始末する人にとって、この札は表現が強過ぎ、地域とともにあるはずの学校から排斥されたような寂しい気持ちになります。周りの住民も学校の近くゆえに、さまざまな問題を抱えていることを、学校関係者は謙虚に考えてほしいと思います。公道をランニングコースとしていることの方が問題です。
 目に余る飼い主に対しての怒りはよく分かります。でも、そんな人ばかりじゃありません。もう少し抑えた表現になりませんか。学校の前の札を見るたびに、地域住民に対する学校側の傲慢さを感じています。


002 お名前: 匿名希望(39) 投稿日: 2001年 9月 10日
   


廃油使った石鹸はいいですよ
 8月の「高山市民時報」の記事に、飲食店による箸のリサイクル運動があり、次は廃油にチャレンジしたいと書いてあったように思います。
 千葉県では廃油による汚染が深刻で、また回収にはお金がかかるため市民活動の延長のような小さなグループがたくさんあります。補助金も出るらしく、お蕎麦(ソバ)屋さん3軒などという単位でもできるようです。
 廃油を使った石鹸(せっけん)は手が荒れず、アトピーの方にはひそかな人気です。換気扇などや動物性の脂に効果が高いので私たちは何人かで、いつもまとめて買っています。この石鹸は株式会社手賀沼せっけん製です。ホームページもあります。
 私の出身地高山がいつまでも美しい町であってほしいと思い調べました。参考にしてもらえるとうれしいです。


001 お名前: 匿名希望(46) 投稿日: 2001年 6月 14日
   


これでいいのか「みたらし団子」
 先日、子供がみたらし団子を買ってもらってきました。よーく見るとなんと四角い!「新型の団子」かと思いましたが違いました。味も昔と全然違います。答えは簡単!炊飯ジャーに入っていたからなのです。経験ある方もたくさんいらっしゃると思います。そうです、観光客が増えて売ることに執着するあまり、どんどん焼いてジャーに保存しているのです。そして10本単位だとそのジャーから出して渡します。団子の命は焼きたてだと思うのですが…。このままでは、せっかく長年かかって築き上げた「のれん」が廃(すた)ってしまうのでは…と思い投稿しました。ぜひ高山の味を守っていってほしいと思います。


 Copyright 2001 Takayama Shiminjihou All rights reserved.