高山市民時報・発行

「高山市民時報」は、高山市を中心とする飛騨地域の生活、文化、行政、経済、スポーツ等の報道を、公正、公平、誠実に地域住民に伝えることで、安心と共感を得られる紙面づくりに、創刊以来努力してきました。
いま飛騨高山で、いちばん読まれている新聞は
「高山市民時報」です。

・創刊=昭和23年3月1日
・発行部数(2004年12月1日現在)=16,000部
・発行=週3回(月・水・金曜日)
・資本金=2,300万円

株式会社 高山市民時報社
 〒506-0004(私書箱506-8790)
 高山市桐生町3-122-1
 電話 0577-32-0001(代)
 ファックス 0577-32-1011
 フリーダイヤル 0120-35-1124
 メールアドレス 
mail@shiminj.co.jp

中央配送センター
 高山市八軒町1-10-3
 電話 0577-34-2600



高山市民時報企画・紙面広告
飛騨高山で最も高い普及率と信頼を得ている「高山市民時報」。普及率の高さは、広告効率の高さに直接反映します。料金設定の明瞭さでクライアントの安心をいただいています。


クロノス
新聞の折込広告は、とかく枚数が多くてその効果が疑われることがありますが、クロノスは、いま飛騨高山で、いちばん読まれている新聞「高山市民時報」に1枚しか折込まれないぜいたくな広告です。
しかも、デザイン、印刷、折込のすべてを一貫して行いますから、お客様に手間をお掛け致しません。


出版事業
古代から現代に至る、飛騨を彩った7,000人の功績を網羅した飛騨初の本格的who's who「飛騨人物事典」や、郷土史の愛好家から学者までが、思い思いのテーマで「飛騨」の歴史を掘り起こす月刊郷土史「飛騨春秋」等、オリジナル企画の出版物の発行、販売を行なっています。
また、 原稿を書くだけで、あなたが著作者になる自費出版もサポート。市民時報の専門スタッフと機能を動員して、あなたの本づくりにご協力いたします。

 Copyright 2001 Takayama Shiminjihou All rights reserved.